こんにちは。

未来起業家交流会運営の簑田です。

6月に入り、暑い日が続きますね。

夏、最高!!

 

はい、ということで。

今日は当事者意識について。

 

あなたはリーダーになりたいですか、

それともリーダーについていきたいですか。

 

未来起業家交流会に参加してくださる方は
多くの人が起業を目指している人もいるので
リーダーの人が多いのかなあと思うのですが、

誰かの想いに共感して力になりたい、支えたい

と思う人もいるんじゃないかなあと思うんですよね。

 

私はぶっちゃけ一人で成し遂げたいこともないですし、

世界変えたいなんて思わないんですけど

何かめちゃくちゃやりたいことがあって
それを必死で実現しようとガムシャラな人を見ると

その夢を一緒に追いかけたくなるんですよね。

で、そんなサポーターになりたい人や
組織の中で活動したり、働いたりする人が
絶対に忘れてはいけないことがあります。

それが当事者意識。

 

その組織や団体、会社を自分のことのように考え、
リーダー以上に必死になること。

これがまあ難しい。

だって自分の作ったものじゃないし、
結局最終決定権はリーダーにあるし、
最悪潰れても責任はない、
リーダーがそうやりたいならそうやればいいんじゃね。

そこまで思っていなくても
どこかこの気持ちは消えないんですよ、
本当に難しい。

だからそれをどこまで自分ごとのように捉えられるか、
というのが本当に重要。

リーダーは孤独なんです。

どれだけの組織になろうとも
責任を取ってくれる人はいないし、孤独は消えない。

(その孤独100%は理解していないけれど。)

だからこそ、ついていく側にも別の責任が生まれる。

ただの労働力はいらないんです。

 

私はお笑いライブ主催団体でスタッフとして働いていました。

大学に通いながら週7でライブ運営していました。もちろん無給で。

だからなんだかサポーターになってる感があったんですよ。
物理的に関わって、時間を費やしているから。

でもそれは私じゃなくてもよかったんですよ、
ライブ運営に人が足りないから必要なだけで、
“私”が必要なわけではなかった。

つまり代わりがきく存在ってこと。

何が言いたいかというと

当事者意識がない奴はいくらでも代わりがきくし、
リーダーにとって要らないってこと。

 

 

今、団体や会社の中で活動している人。

そのリーダーにとって
代わりのきかな存在になれていますか。

リーダーがいなくても
自分がまとめて運営していけるほど
信頼されていますか。

頭ではわかっていてもめちゃくちゃ難しい。

私もまだまだ全然できません。

 

どこでも当事者意識を忘れないでいれば
どんな組織でも必要とされる人間になれます。

実際リーダーも1人じゃ生きていけないのでね。

 

終わり。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA