こんにちは。
未来起業家交流会の三井です。

今日は未来と過去の話です。
結局は過去と現在と未来しかない中で、この3つを皆さんはどのように捉えてますか?

今日は僕なりの捉え方を書きました。

 

結論、今を生きるしかない。

今日はいきなり結論からです。

当たり前ですが、今を生きるしかないです。

過去を嘆いたって、
未来を考えたって、
何も意味がない。

もっと正確に言えば、
それを考えすぎるのは意味がない。

もうすでに起きてしまったことは変えられないし、
未来を妄想しても今頑張らないと実現しない。
結局は”今”という時間の積み重ねでしかない。

だからこそやっぱり今を頑張るしかない。
過去から反省して対応策を練って、
未来に対して想いを馳せて飲み会で語り合う。

そんな感じでいいんじゃないかと思ってます。

 

未来は変えられないが、過去は変えられる。

今回のタイトルです。

さっきから言ってるように、
今を生きるしかないというのは間違いなくて、
ただ、その中でも僕は過去は変えられると思っています。

未来はやっぱり今の積み重ねでしかないから、
考え続けることに意味はない。

だって、いくら考えたところで変えることなんてできないから。
だって、未来ってそもそも決まってないから。
そしたら、どう変える?
未来を変えるのではなくて、今の延長線で未来を作っていくんです。

ただ、過去はどうでしょう?

「え、過去は変えられないじゃん。」

確かにそのとおりです。
すでに起こってしまったことは変えようがないです。

しかし、
起きてしまったことの、
過去に対しての、
解釈を変えることはできます。

どういうことか。

例えば、
僕は大学2年の時に世田谷区でシェアハウスを立ち上げました。
結果、8ヶ月で潰しました。

正直、結構凹みました。
信じていた人にも何度か裏切られたし、
多くの人に迷惑をかけてしまったからです。

確かに起こってしまったことはもう変えられないです。

僕がシェアハウスを作って潰したこと、
信じていた人に裏切られたこと、
色々な人に迷惑をかけたこと、
これらの事実は一生変わりません。

ただ、これらをどう解釈していくのかは変えられます。

この事実から何を学び、どう活かしていくのか、ということです。

僕は過去シェアハウスを作って潰してよかったと思っています。
(今ではですけど、、、。)
逆に自分に能力がないのに偶然で成功しなくてよかったとか、
契約の大事さとか、
簡単に人を信じてはいけないとか、
ファイナンスの大事さとか、
もう色々なことを学びました。

今では自己紹介の時の笑い話として話してます、、。

失敗から学べとか、
ポジティブになれってわけではなくて、

過去にいつまでも囚われるのは意味がないけど、
逆に、トラウマである過去に蓋をして忘れてしまうのも勿体無いんじゃないかと思ってます。

捉え方次第で過去はいくらでも変えられるので!

 

今を生きるために、未来を語り、過去を味方につける。

最初から言ってることをもう一度。

やっぱり今を生きること。

これに尽きます。

そのために、未来と過去をどう使うのか。
僕は未来を語り、過去を味方につけることがいいと思ってます。

やっぱり今を本気で生きるには、
辛いことを頑張るには、
将来の夢とかビジョンとか成し遂げたいことが必要です。
飲み会で大いに未来を語りましょう。

そして過去は味方につける。
起きてしまったことは変えられないけど解釈は変えられる。
過去に囚われて今と未来を無駄にすることほど、勿体無いことはないです。

自分の都合のいいように解釈しましょう。

未来、現在、過去、皆さんはこの3つをどのように捉えてますか?
今日は僕なりのこの3つの解釈の仕方でした!

それでは今日はこの辺で!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA