こんにちは。
未来起業家交流会の三井です。

今日は最近流行ってきている「貯信」という考え方について自分なりに思うことを書きました。

 

「貯信」とは信用を貯めること。

まずは聞いたことのない人向けに説明です。

「貯信」とは、信用を貯めることです。

どういうことか。

インターネットの発達に伴い、
現在の時代は信用を可視化できるようになってきました。

その代表格がクラウドファンディング。
最近はValueもありますね。

だからこそ、現金を自分で貯めることよりも信用を貯める重要性が上がってきています。
要は現金より信用の価値の方が上がってきたんですよね。
別に現金を貯めることがいらなくなってきたわけではないです。
ただ、貯金は自分で頑張らないとだし、何より資金にレバレッジをかけづらいです。
さらに、一度使うとなくなってしまいます。

逆に信用は何回使ってもなくならない。
むしろ、言った約束を守ることでより強固な信用が生まれていきます。

わかりやすく言えば、
身の回りのめちゃめちゃ信用のおける奴が、
こんなことやりたい!ってクラウドファンディングを始めれば、

あなたも少しはお金を出したいと思いますよね。
それが信用をお金にするってことです。

その信用が大きければ大きいほど、よりお金が集まります。

 

ただ、信用を貯めるために行動するのは少し違う気がする。

この考え方を聞くと、
信用を貯めるために信用される行動をしようとする人がいます。

確かに間違ってはいないと思いますが、
そこは少し違うのではないかと違和感を覚えます。

信用って多分、
貯めようと思って行動してたまるものではなくて、
自分が本気で行動した結果生まれるものだと思っています。

目の前の人に120%向き合うとか、
自分の言ったことを守るとか、
自ら率先してみんながやらないことをやるとか、

そういうことを積み重ねた人に信用が生まれます。

だからこそ何が伝えたいのかというと、
「貯信」のための行動をしてはいけない。
信用を貯める目的でした行動は必ず裏が見透かされる。
ただ、当たり前のことを当たり前にやるしかない。
ということです。

結局は今まで通りで、
ただ単純に今まで相手に尽くしてばかりな人が少しだけ救われるようになっただけです。

ITが発達して、
新しいサービスが生まれると、
何か革命的なことが起きた気になりますが、
昔から本質は何も変わってなくて
コツコツと誠実に、積み重ねていくしかないんですね。

それでは今日はこの辺で!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA